RUNARX RUNNING COMPANY / ルナークス・ランニング・カンパニー - 埼玉県川口市のランニング・スペシャリティショップ

INFORMATION

シューズ考 

HOKA ONEONE(以下ホカ)のクレイトン2(¥19,000+tax)について見ていきます。
1IMGP9870

まずはクレイトン2を実測した基本データから。
メンズ(26.0cm)重さ213g/ヒール厚30mm/フォアフット25mm/ドロップ5mm/インソール厚3mm
ウィメンズ(23.5cm)重さ175g/他はメンズと同じ。


まず、別ブランドのシューズAというシューズの基本データと比較してご覧ください。
メンズ(26.0cm)重さ222g/ヒール厚30mm/フォアフット厚20mm/ドロップ10mm/インソール厚3mm
ウィメンズ(23.5cm)重さ199g/他はメンズと同じ。


全てではありませんが、この2モデルは近似してます。
ヒールのソール厚は同じで、フォアフットの厚みはAが薄い。そしてインソールは同じ厚み。重量はAの方がプラス9g。(尚、重さ9gは写真のようなペン1本。この9gさえ重いのは嫌と考えるか、9gの機能がプラスしているからOK、などその判断は省きます。)

IMGP9822

 なぜ、最初にこれを出したかというのは、見ためや印象に先入観を持ってしまい本質を見えていないということはありませんか?という投げかけをしてみました。

 さて、クレイトン2と近似するAというシューズは、こちらフルマラソンシューズの定番「アディダス:ボストンブースト」です。
1IMGP9874

 各数値が近いと言って、同じ履き心地という訳ではありませんが、パッと見て、この二つが数値が似ているとは思えませんね?
1IMGP9877

 もちろん、そう思うのは仕方ありません。魚屋さんや八百屋さんが味や調理、旬を紹介するように、こうしてシューズの特徴を案内するのがランニング専門店の仕事ですから。


 アディダス:ボストンブースト同様、クレイトン2はホカのラインナップの中ではレーシングシューズに入ります。ホカのロードシューズと言えばクリフトンが人気ですが、クレイトン2は船底のロッカーソール感やソフトな着地感は少なく、ソールは比較的フラットで力が逃げることなくしっかり蹴れる感があります。

1IMGP9885

 そして、ホカのシューズはアッパーやヒールカウンターを軽量化させてミッドソールをF1カーのシートのように足をくるむような(日本的に言えば、どんぶり)構造にしています。ですから見ためは分厚いソールに見えますが、見えているのはどんぶりの縁であって実際の底は深くなっています。
21100263_10209849523902547_756889577_n

 またクレイトン2は軽量化のために、踵に入っている硬い芯「ヒールカウンター」が入っていません
1IMGP9889

 ランニングシューズにおいて着地時の横ゆれを抑えるヒールカウンターは重要なパーツなので、本来ルナークス・ランニング・カンパニーとしてのラインナップとしては取り扱わないモデルです。
しかしこのクレイトン2はヒールカウンターの役割を、ミッドソールを上へと伸ばすことでその代用しています
1IMGP9891

 加えて、アッパーに圧着したラインテープを甲全体に施すことで、横ぶれにアッパーのたわみによる抑えるような工作をすることで、着地時の安定性を確保しています。
1IMGP9902

 しかし、ミッドソールを上に伸ばしたとはいえ物理的に高さが低いヒールカウンターであることは変わりません。
そのため、土踏まずが落ちやすい(回内/オーバープロネーション)の方は、内くるぶしの横方向への動きを抑えるまではいかず、せり上がったミッドソールの端が着地時に強く接触してしまい、痛いということがある可能性も捨てきないので少し注意は必要かと思います。
1IMGP9895

 さて、クレイトン2の履き心地ですが、まずはパッと見から想像をできない軽量感に驚く方が多いです。
そして、クリフトンの「THE HOKA ONEONE」のようなフカフカ感は少なく意外としっかりした着地感と言う声があります。特にフォアフット25mmがありますので、強めにフラット気味に着地しても鈍痛がありません

 これは以前にブログで述べましたが「RUNNING ≒ RIDING」自転車のペダリングのように脚を一定の回転数をキープさせて走る意識のできるシューズと言えます。
http://runarx.officialblog.jp/archives/12572271.html

 そんなレーシングシューズとしてのクレイトン2ですが、
果たしてフルマラソンのレースシューズを探しに来たランナーがボストンブーストとクレイトン2が陳列された時、どちらをチョイスするのでしょうか。
また、クレイトン2が新しい形のレーシングシューズとして日本のランナーに受け入れられるのか、ランニング専門店の端くれとしてもホカのチャレンジを応援したいと思います。

クレイトン2のお求めはこちらから。
http://shop.runarx.jp/?mode=grp&gid=1665936


RUNARX RUNNING COMPANY
ギャラリー
  • <2/2 グループジョグ>
  • <2/2 グループジョグ>
  • <2/2 グループジョグ>
  • <2/2 グループジョグ>
  • <2/2 グループジョグ>
  • 【NEW BRAND JOIN IN】
  • 【NEW BRAND JOIN IN】
  • 【NEW BRAND JOIN IN】
  • <1/31 グループウォーク>
  • <1/31 グループウォーク>
  • 【2月のイベントスケジュール】1/30現在
  • <1/30 RUN for BEER>
  • <1/30 RUN for BEER>
  • <1/30 RUN for BEER>
  • <1/30 RUN for BEER>
  • <1/29 グループジョグ>
  • <1/29 グループジョグ>
  • <1/29 グループジョグ>
Copyright © RUNAX RUNNING COMPANY. All Rights Reserved
PAGE
TOP