RUNARX RUNNING COMPANY / ルナークス・ランニング・カンパニー - 埼玉県川口市のランニング・スペシャリティショップ

INFORMATION

イベント

【Event info.】
明日3/16(土)1:00pm - 3:00pmでランニングの基礎をティーチング&コーチングを行う「自分のランニングを見直す!スガヤ塾」を開催します。
効率的な走り方の動作のひとつを引き出し、繰り返し行うことで体と頭をFixさせて今後のランニングに活かしてもらうのがスガヤ塾です。基本的なランニングを身につけたい、見直したい、タイムが伸び悩んでいるという方におすすめレッスンです。
皆様のご参加をお待ちしております。
https://ws.formzu.net/fgen/S31055652/

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、空、屋外

イベント

<3/14 RUN for BEER>
今夜のR4B。いつものように川口ブリュワリーにTELしたところ、今日は臨時休業。そこで急きょ「HUB川口店」さんに行くことにしました。
約45分くらいおしゃべりランをした後でHUBへ。店長さんも好意的に受け入れてくれ、新しいR4Bのお店が開拓できました。

IMGP9340
IMGP9347
IMGP9344
IMGP9349
IMGP9350

店舗情報 

今日でRUNARX running company は4年目に入ります。そして今、立ちあげ前につづったノートを見返し、その軸足が動いていないか確認しているところです。
でも軸足を言い訳に安穏としてしまえば、改善もされません。それはいつもの月間走行距離をこなし満足するだけだと、いつか頭打ちになってタイムアップしないのと似ています。3年目までは月間走行距離をこなしただけのようなもので、4年目は変化を入れ、よりよいRUNARX running company にハンドリングしたいと思います。
4年目のRUNARX running company にご期待ください。
画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ

シューズ考 

先日10日に走った古河はなももマラソンで投入したシューズはHOKA ONE ONE:カーボンロケットですが、当日まで1、2回試し履きをした程度、しかもサイズが0.5cm大きいのにレースで使うという「よい子は真似しないでね」状態で出走しました。

でも、そんなベストでない状態だったから気づいたのは、従来の足長や足幅のシューズフィッティングに加えて、ソール形状の凸部分をボールジョイント(親指と小指の付け根ライン)を合わせるシューズが出現しているということです。今回のカーボンロケットはもちろん、ヴェイパーフライがそれです。

それをわかりやすい言えば、幅がきついという理由からサイズを上げると、ソールの凸部分とボールジョイントがずれてしまい、狙った効果が出ないかもしれないということです。

これらロッカーソール形状のレーシングシューズを「F1カー」に例えますが、大迫選手はF1カーのシートにぴったり座っているのに対し、上記の場合は同じF1カーでありながら浅く座っている状態と言えます。乗ってる車は一緒だけど、ちゃんと座れてないということです。

今、ランニングシューズ界は活気に溢れ、各社「快適に走らせる」アイディアが活発に生まれています。それはランナーとしてはとても楽しい時代になったと言えますが、ランニング専門店としてはサイズフィッティングがシビアになったと考えるに至りました。
(photo サロモンアスリート大瀬選手)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外

Copylight © RUNAX RUNNING COMPANY. All Rights Reserved
PAGE
TOP