RUNARX RUNNING COMPANY / ルナークス・ランニング・カンパニー - 埼玉県川口市のランニング・スペシャリティショップ

INFORMATION

店舗情報 

 2月24日付厚生労働省が発表した新型コロナウィルス感染症対策専門家会議の内容では、「感染の拡大のスピードを抑制することは可能だと考えられます。そのためには、これから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。」とあり、深刻化する恐れがあります。
 その感染経路については、「現在、感染を拡大させるリスクが高いのは、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境だと考えられます。」とあり、「これまでに判明している感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染が主体です。空気感染は起きていないと考えています。」と報告されています。

 尚、こちらの東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チームが作成しました「新型コロナウイルス感染症市⺠向け感染予防ハンドブック」はわかりやすく書かれていますので、ご参考にしてください。

 現時点におけるこれらの信頼できる情報に基づいて、当店ルナークスランニングカンパニー(以下RNX)が開催しております各イベントについて、以下のような対策を講じることで開催します。(あくまでも現段階での見解のため随時変更することもあります)

🔴屋外イベント「グループラン・ジョグ・ウォーク」「スガヤ塾」などの場合
・集合場所がRNXの場合は、予め店内を換気し空気を入れ換えておきます。
DSC00699

・参加者の皆さんに「手洗い」と「うがい」をお願いします。
DSC00697

・室内の密集を避けるため、室内の他に外ベンチで待機していただきます。
DSC00698

・イベント中のマスク着用で参加も推奨いたします。
・発熱・せき・頭痛・倦怠感(体のだるさ)がある方は参加しないでください。
・もし咳が出そうになったら、ハンカチやティッシュ等で口と鼻を覆い、他人から顔をそむけ、1メートル以上離れてください(咳エチケット用のハンカチやハンドタオルをご持参いただきます)。
・イベント終了後は、室内での密集を避けるためにできるだけ速やかに退出をお願いします。

🔴屋内イベント(ヨガ、3/1ちゃんぷさんレッスン)について
・前述した対策を講じます
・受講者同士の距離を1メートル以上離します。
・募集人員を最大15名に縮小します。

以上が現時点で当店が講じる対策です。
何卒宜しくお願い致します。

RUNARX Running Company
代表 佐藤英人

シューズ考 

SKECHERSの新作「GO RUN RIDE8(¥14,500+tax)」について見ていきます。

 RNXRCで同社GORUN RAZOR3をご紹介時にお伝えしましたが、スケッチャーズを「スニーカーブランド」というイメージで見てしまうがためにあなたがランニングシューズを選ぶ際のブランドの一つとして眼中に入れられないとしたなら、それは勿体ないと思います。それは、快走に導くかもしれない良い出会いをひとつ見逃しているかも知れません。
IMG_0384

こちらがGO RUN RIDE8(M's 8.0インチ)のRNXRCで計測した実測値です。
重量:254g
ソール厚:ヒール35mm/フォアフット27mm(計測点によって1mm程度誤差があります)
オフセット:8mm
インソール厚:5mm
その他:中底クッションあり
IMG_0445

この実測値に近く比較対象するシューズは、HOKA ONE ONE : CLIFTON6でしょうか。
IMG_0436

まずはGO RUN RIDE8の詳細をチェックしてみましょう。
IMG_0425

一番の特色は何といっても独自開発したミッドソール「hyper burst(ハイパーバースト)。RAZOR3の時には「バスマットみたい」とハイパーバーストを称しましたが、果たしてそれを厚底にするとどうなるか?
その印象は、着地して衝撃を吸収した後に上に跳ね上がるリバウンド感がとてもクイックで、それはミッドフット着地で走りだしの数歩で「えっ?」と感じるくらい。これは恐らく私だけではなく誰が履いてもそう体感できるのではないかと思います。そのクイックなリバウンド感はシューズの軽量感に通じ、例えば同重量のランニングシューズよりも軽い走行感があるのではないかと思います。
IMG_0426

高機能ミッドソールの性能を活かすソールの中央部(中足部)に厚みを施した「M-STRIKE」もクイックなリバウンド感を演出しているようです。その厚みは結果的にHOKA ONE ONEのようなロッカーソールと同じ性質があり、空き缶を上から踏みつぶすように体の真下をプッシュするイメージで着地すると前への体重移動をしやすくさせています
IMG_0415

エンジニアードメッシュアッパーは通気性と伸縮性があり、前足部は広くRoomyなトゥボックスになっています。私の足は普通か比較的細めですが、広すぎることはなく履くことでできました。
IMG_0427

踵は厚みと高さがあり、ヒールカウンターが入っているので着地時の左右の揺れ過ぎを抑えてくれ、そしてシューレースホールがある中足部は非伸縮だから踵から甲はしっかりとフィットしてくれます。
IMG_0428

image

アウターソールはタイヤブランドで有名な「GOODYEAR」社のラバーを採用。100km程度しか走っていませんが、すぐ削れてしまうようなことはなく耐久性は高い印象です。雨の日でも滑りづらいコンパウンドにしており、耐久性とグリップ性のバランスの良さが感じられます。
IMG_0432

これも大切なので触れておきますが、足が曲がるところで曲がり、足が曲がらないところで曲がらない(シューズ中央部で曲がらない)シューズの基本性能も確保されています。
このように踵、甲、つま先などランニングシューズに大切な基本性能を踏襲しているだけでも、安心しておすすめできる仕様です。
IMG_0431

そして、インソールは5mm厚で比較的スタンダードなポリウレタン系素材のタイプです。たかがインソールですが、このGO RUN RIDE8にはベストマッチのような気がします。
IMG_0430

インソールは足裏に直接触れるためにシューズの印象を左右します。前述したHOKA ONE ONE : CLIFTON6のインソールも5mm厚ですが、オーソライトという素材の軽くクッション性のあるインソールが入っており、クリフトン6のふかふかした走行感を後押ししています。逆にGO RUN RIDE8のスタンダードなインソールはそのクッション性はありません。しかし、シューズはミルフィーユ的に素材を積み重ねており、GO RUN RIDE8は①耐久性のあるGOODYEAR社のアウターソール②クッション性の高く厚みがあるミッドソールhyper burst③柔らかい中底素材となると、次に重ねる④は「柔らかいインソール」と「柔らかすぎないインソール」のどちらが走りやすいかと考えると、後者の柔らかすぎないこのインソールの方が着地感がぼやけないため最適に感じます。
IMG_0439

逆にこのGO RUN RIDE8が合わない人(足)は、足幅が細く、ローアーチの方かとイメージします。足幅が広めなので動きやすいですし、ローアーチだとくるぶしの位置が低くなることがあり、くるぶしが擦れてしまう場合があります。あとは強いて短所を言えば、ハイパーバーストの耐久性でしょうか。一般的なミッドソールよりは気泡を多く含まれているので潰れやすいということはあります。でもそれは、200kmでヘタるようなミッドソールとは違いますので、気にするレベルではないでしょう。
IMG_0441

ライドという名前の通り、自転車のペダリングのように一定出力で脚を回転させるランニングにオススメです。それはデイリーのトレーニングはもちろんですが、足を痛めないクッション性を持たせつつもリバウンドが速くて着地感もボヤけないので、スピードを上げたペース走、フルマラソンやウルトラマラソンのレースなどにも使って欲しい作品です。
何といっても35-27mm厚ハイパーバースト&M-STRIKEは、他のシューズでは味わえない魅力があります。

もうすぐ春です。春の気持ちのいいサイクリングに、気分を変えてイエローの自転車などいかがですか?
オンラインショップ→https://shop.runarx.jp/?pid=148893534

イベント

<2/2 グループジョグ>
 快晴の中、少し遠い都市農業公園まで頑張ってジョグ。スカイツリー、富士山がきれいに見えて、気持ちのいいランニングでした。
 前回100マイル達成姉に引き続いて、今日は弟君が100マイル達成。小2とは思えないくらい上下半身の連動させたフォームが見事。弟君は比較的おとなしいのですが、いつもカメラに写ろうと顔を出す、本当は目立ちたがり屋さんです。
DSC00318
DSC00319
DSC00324
DSC00331
image
image

新&再入荷情報 

【NEW BRAND JOIN IN】
オーストラリアのヘッドウェア専門ブランド「FRACTEL(フラクテル)」の取り扱いを開始しました。
トレイルランやアドベンチャーレースの盛んなオーストラリア。FRACTELのキャップが求めたのはパフォーマンスとスタイルの両立。ただのおしゃれキャップではなく、有害な紫外線から眼を守るという大前提の元に様々フィールドで信頼して使える仕様にし、そしてファッショナブルにスタイリッシュに使えるようなセンスを取り入れたキャップです。
FRACTELは、欧米キャップに多い浅いかぶり心地ではなく、日本人の頭にもフィットする深めで調整幅が広い調整ストラップ付き。また日差しが強い国なので、当然UPF +50のUVカット素材を使用しています。安心できるかぶり心地と男女楽しめるスタイリッシュなデザインが注目です。
全てのキャップ内側には「why we run」と刺繍がほどこされています。「なぜ、私たちは走るのか?」そんな問いを考えながら走ってみるのもいいと思います。
https://shop.runarx.jp/?mode=grp&gid=2271338

57362596_2275190526028997_8679490492687187968_o
71005959_2446743315540383_5411939228554625024_o
78640488_2453618858186162_683151515212316672_o
78640488_2453618858186162_683151515212316672_o

イベント

<1/31 グループウォーク>
今日は寒いから誰も来ないかなと思ったら、キッズたちが来てくれました!先週、幼稚園のマラソン大会の結果を言いたくて、来てくれたとの事、うれしいですね~。
「走りたい」というので途中の公園300mを一周をランニング。今日は5kmでした。それにしても春に一年生になるこの子ら、体と心が強くなりそうな予感がします。
DSC00313
DSC00314

ギャラリー
  • 3月イベントスケジュール変更
  • 【感謝】
  • <3/14 グループラン>
  • <3/14 グループラン>
  • <3/14 グループラン>
  • <3/13 グループウォーク>
  • <3/13 グループウォーク>
  • <3/13 朝ラン@ネクスト・ジェネレーション・ランナー>
  • <3/13 朝ラン@ネクスト・ジェネレーション・ランナー>
  • <3/13 朝ラン@ネクスト・ジェネレーション・ランナー>
  • 【Online Shop】
  • 【今日の後ろ姿】
  • 【トレイルランに行った際】
  • 【トレイルランに行った際】
  • 私に合うトレイルランニングシューズに出会うために
  • 私に合うトレイルランニングシューズに出会うために
  • 私に合うトレイルランニングシューズに出会うために
  • 私に合うトレイルランニングシューズに出会うために
Copyright © RUNAX RUNNING COMPANY. All Rights Reserved
PAGE
TOP