RUNARX RUNNING COMPANY / ルナークス・ランニング・カンパニー - 埼玉県川口市のランニング・スペシャリティショップ

INFORMATION

 

<0721 グループウォーク&ジョグ50分>
安定したFUNな雰囲気のグループウォーク&ジョグ。ウォーキング途中で出会った盆踊りで一周踊り?、ちょこっと走ったり、そして歩いたり。

IMGP2836
IMGP2838


RUNARX RUNNING CO.

 

 今週末は「Run for Sweets !」「ルナークス・ランニング・スクール基礎編」「オーバーナイトハイク」と3つ。その3つに参加する強者(女性!)がいたり、楽しい週末になりそうです。


 そして今回はじめて企画したオーバーナイトハイクは、「夜~朝の登山+月夜&星空+夜景+日の出+コーヒー+冷たい沢水+温泉+Beer」を楽しむ企画で、お申込みの半分以上は女性!女性の方が面白い!ということに反応が敏感かもしれません。
IMGP5414
IMGP5415
IMGP5425
 今のところ、東京地方の23日の夜は「おおむね晴れ」。月と星が見れたら最高ですね。持ち物など不安なことがあれば、お気軽にご連絡ください。まだ若干名参加できます。


RUNARX RUNNING CO.

初イベントの「オーバーナイトハイク」。
その内容は・・・
「終電近くの電車で駅に集合し、そのまま夜の登山道をヘッドランプをつけ、満月の下おしゃべりしながら歩き、途中夜景を楽しみ、朝はコーヒーを飲みながら日の出を拝み、沢で顔を洗って眠気を飛ばし、下山したら温泉で一番風呂に入り、Beerを飲んで帰る」
という、あえて「非日常」を楽しもうというイベントです
(こんなゆるさなので、UTMFやハセツネ対策というものではありません(笑))
RUNARX RUNNING CO.はランニングは「遊び道具」として考えています。日頃ランニングで鍛えた体を「記録アップ」だけに使うのは勿体ない!ぜひその体力をこんな非日常の遊びに使ってみましょう。

★注意★
こちらのイベント「オーバーナイトハイク」は、夜23時~翌朝10時まで寝ずに歩く企画です。
コースは一般的な登山道ではありますが、夜間や睡魔といった普段経験のない状態で動き続けなければなりません。
山の中という特徴上、途中で引き返すなどができない場合があります。(途中離脱をする方はご自身の判断でエスケープいただきます)
そのため体力に不安がある方、当日体調がすぐれない方はこちらのイベントのご参加はお控えください。...
また参加される場合は、当日の日中の活動は控え、昼寝を取るなど、体を十分に休めておいて下さい。

【ガイド】早川秀人(アドベンチャーレーサー、スキーインストラクター)佐藤英人(ルナークス・ランニング・カンパニー代表、TEAM SALOMON)
【開催日】7月23日~24日
【集合場所・時間】JR青梅線日向和田駅PM23:16厳守
【解散場所・時間】東京都あきる野市:瀬音の湯 AM10時頃
http://www.seotonoyu.jp/
【予定コース】日向和田駅~日の出山~御岳山~鍋割山~大岳山~鶴脚山~馬頭刈山~瀬音の湯 総距離:約24km 累積標高:約1000m
【参加費】一人¥500(当日お支払い下さい。保険代のみ)
【定員】20名くらい
【持ち物】ヘッドライト&予備電池、防寒具、雨具、エマージェンシーキット、水筒、行動食、<推奨>ストック、グローブ、足首のテーピング、虫よけ、かゆみ止め
【その他】・シューズはランニングシューズでも可。
・雨天の場合は原則中止。小雨で止む方向なら決行(雨天の場合は、当日PM12時頃ご連絡します)
・参加者のみんなでシェアできるおやつの持ち込みは大歓迎!
・下山後、温泉に入らずそのまま帰宅、または登山する方もOKです
【お申込み】以下のメールフォームからお申し込み下さい
http://www.runarx.jp/

 

<0720 グループウォーク&ジョグ>
満月がきれいな夜、ウォーク&ジョグ。「運動を続けるきっかけに」初参加してくれた方も楽しくおしゃべりしながらの60分。
ただ、おしゃべりしながら歩いて、途中100mほどのトコトコジョグを2~3回入れて、約5kmくらい。お気軽にご参加ください!


IMGP2834

RUNARX RUNNING CO.

今日の足元 

 トレイルランニングシューズの取り扱いを開始するため、ここ最近各ブランドのモデルをチェックしています。
そもそもトレイルランニングシューズは、安定したロードを走るのではなく不安定なトレイルを走る訳ですから、全く同じということは考えづらいです。

 でも昨今のスピード化するレース、ロードランからトレイルランへの流れ、またはヴァーチカルなどの登りレースに注目されてか、ロードに近いモデルが増えてきました。

 確かにトレイルランのトップ層でみれば、レベルやスキルがアップしていると思いますが、圧倒的多数のトレイルランナーは同じようにレベルが上がっているかと言えば、少々疑問です。ロードの実業団選手と同じ薄いロードシューズを一般選手が履いて、同じ機能や快適度が得られるかどうかを考えれば簡単に想像できます。

 もしかしたら人気の最新モデルよりも、ちょっと重いけど不安定な路面を走るための『基本』性能を採用しているトレイルランニングシューズの方が、快適で走りやすかったり・・・・。

 さらに、ロングトレイルで人気の35mm以上の厚い底のシューズがあります。体への負担を和らげるには間違いありません。しかし、それほど厚くないシューズでも近いクッショニングが期待できるモデルもあります。

例えば、サロモン:スピードクロス、オン:クラウドベンチャーなど。(写真のオンはクラウドサーファー)
IMGP2826

前述の厚底シューズはそのミッドソールのボリュームで衝撃を和らげるのに対し、この2モデルはアウターソールの形を変えて衝撃を和らげます。
IMGP2829
IMGP2830

 高密度ソールの衝撃吸収性をパーツを可変させて同じ効果を狙う構造はとてもユニーク。特にスピードクロスなどはグリップ性だけに目がいってしまい、衝撃吸収に一役買っていると思っていない人もいるかもしれません。

実際に足を入れてみるとわかりますが、凹凸のないフラットなシューズよりもフワッとした感覚が体感できるはずです。
 また別の見方として、厚底シューズは地面との接点が体の中心に近く、それによって足首関節が捻じりやすくなってしまうことも触れておきます。
(日本人は欧米人に比べて骨盤が広く、歩行や走行の際にバランスを取るためにスネがO脚(外側に引っ張られる)になりやすく、そのため足もフラットではなく斜め着地になりやすい傾向。これは別の話しですが)
 捻挫クセのある方は、一考だと思います。

IMGP2825

流行りやブランドではなく、何かトレイルランニングをするにおいてベターな構造なのかを考え、ランニング・カンパニーとして安心してオススメできるモデルを厳しい目でチェックしております。

RUNARX RUNNING CO.

 

<商品紹介>
 コンペ志向のランニングバンド「ネイクド・ランニング・バンド」にたくさんの反応をいただき、ありがとうございます。
 ルナークスR.C.にはもう一つコアなウェストボトルポーチがあります。フランスOXSITIS社「ハイドラベルト・エース」。
IMGP2820

トレイルラン仕様のボトルポーチで、エマージェンシーシート&ホイッスル、トレッキングポール&ジェルホルダー、マグネット式レースナンバーホルダー、脱着可能トラッシュポーチ(ゴミ入れ)マグネット式ポケットが付き、2本のベルクロ式ウェストベルトによって腹部と骨盤で固定できるので、荷物の揺れをしっかり抑えます。
IMGP2822

 コアな仕様なので幅広い人には難しいと思いますが、中にはこれを見てビビビッと反応する方もいるのでは?
ちなみに女性用もあります。¥9720
http://happyridin.com/?pid=91617532

IMGP2824

RUNARX RUNNING CO.

Copylight © RUNAX RUNNING COMPANY. All Rights Reserved
PAGE
TOP