RUNARX RUNNING COMPANY / ルナークス・ランニング・カンパニー - 埼玉県川口市のランニング・スペシャリティショップ

INFORMATION

イベント

IMGP6850
【4/2ルナークス・ランニング・スクール基礎編】
 菅谷コーチのスクール基礎編を開催。今までのスクールの動画を見直すと、「腿が上がっていない」「しっかり蹴っていない」「軸がずれてる」「上半身が活かせていない」がよくわかります。皆さんたくさんの練習やレースを経験しているにもかかわらず、です。それはさらに強い練習を積めば改善するのでしょうか?

 ルナークス・ランニング・スクールは違うアプローチで「速く、快適に走る」ためのメソッドを指導しております。今回は参加者の気になるところを伺った上で、それを改善するレッスンを行いました。特に今回は「脚の回転」させるために大切な腸腰筋、ハムストリングスへの意識アップと刺激を行いました。今回のメニューはぜひ普段の練習前や走り込んだ翌日のレスト日にコンディショニングに取り入れてみてください。
 菅谷コーチいわく「これをちゃんとやれば、絶対速くなる」と言うくらい自信があるようです。

次回は4/22(土)に開催します。
https://www.facebook.com/events/281271992312916/


IMGP6843
IMGP6845
IMGP6856

RUNARX RUNNING CO.

わたくしごと(個人ネタ) 

「ランニング」は難しくありません。

 ランニング専用シューズやウェアがなくても、まず大事なのはランニングの気持ち良さ清々しさを感じることです。

 ランニングは、体を温め、汗をかき、脂肪を燃やし、体力がつき、お通じが良くなり、お腹が減り、そして街を知り、季節を感じ・・・など悪いことが見当たりません。(よそ見をして転んだすることはあるかもしれませんけど、それは気にしない)
 チームスポーツではないし、難しい技術もなく、グランドや施設が必要ではないので、基本いつでもどこでも始められるとても敷居の低いスポーツです。

 敷居が低いとは言っても「やっぱり腰が重い」のは、その面倒くささがスイッチを押せないのでしょう。今までやっていなかったことをやるのですから、その気持ちもよくわかります。
 でもランニングをして汗をかいた方が体にいいことはわかりますよね?そして、それを今まで先送りにしてスルーして今日にいたっていることもわかりますよね?

 少し違う視点で考えてみましょう。

 人は20歳代あたりから加齢とともに体力、筋力が落ちていきます。これはみんな一緒のルールです。今、階段を登りながら「しんどい」「体を鍛えなきゃ」と日頃の運動不足を後悔するのはしかたありません。でも老化への下り坂に抗うことで来年は階段に登っても同じことを感じないようにすることはできます。加齢と共に筋肉が付けづらくなりますので、「鉄は早いうちに打つ」ように「筋肉は早いうちに鍛える」ことは大切です。

 まずは、走るつもりでなくてもドアの外に出て歩きだしてください。服装はランニングウェアでなくてもかまいません。大事なのは「運動のために外に出る」ことですから。
 歩くだけでもいいですが、もし途中で走ってみようかな?と気持ちが乗った時だけ、スピードは出さず早歩き感覚でチョコチョコと走ってみましょう。そして、疲れを感じたらまた歩き、余裕がある腹八分目くらいのレベルで終えることも大切です。この時くらいはご褒美でスイーツやビールも摂ってもいいと思います。

 繰り返しになりますが、「気持ちがいい」「清々しい」と感じることが大切です。それがランニングを続けるための大切なエネルギー源です。

 場所も季節も年代も関係なくFreeに始められるのが、ランニングです。

4月1日。桜の見ごろもそろそろ。ランニングにはとても良いシーズンです。
IMGP68251

RUNARX RUNNING CO.


シューズ考 

20代目を向かえたミズノ:ウェーブライダー20
今週末まで店頭にデモシューズをご用意しているMIZUNO:ウェーブライダー20を見ていきます。
IMGP6811
IMGP6821

<基本実測データ>
★メンズ(26.0cm)重さ:262g/ヒール厚33mm-フォアフット厚23mm=オフセット10mm
★ウィメンズ(23.5cm)重さ:255g/ヒール厚32mm-フォアフット厚22mm=オフセット10mm

 ウェーブライダーシリーズはミズノの中でも人気シューズで、特に大型スポーツ店や量販店で陳列されているのをよく見かけます。ルナークスとしては、(そういうイメージは払拭できないもののシューズに悪気はないので)適正に評価したいと思います。
IMGP6822

 最初に履いた印象は、比較的幅が広めで、ベロなど足に当たる部分は柔らかく処理されているので足入れ感は良好です。また、足指周りの前足部は縫い目がないので、ピッタリしても長距離でもひどく擦れることはないと思います。ヒールカウンターは普通~やや大きめ。足幅が広く甲が低くなく踵が細くない方には、比較的フィッティングしやすいです。そんな優等生な(もしくは無難な)フィット感なので、アドバイスなしでも量販で買われていくのでしょう。
IMGP6779


 少し掘り下げてみたいと思います。

 ミッドソールはウェーブライダー20は2種を採用しています。
waverider20

 全面にベースとして軽くクッション性があるランニング用「U4ic(ユーフォリック)」後足部にさらに柔らかい「U4icX(ユーフォリックエックス)」をUの字型に施され、この二つのミッドソール素材の間に横ぶれと捻じれを抑える樹脂製の「ウェーブクラウド」が挟まれています。


 それぞれのミッドソールを指で押すと柔らかさの違いと2種のソールとウェーブソールの連携がよくわかります。
IMGP6812
IMGP6813

 指で後足部の「U4icX」を押し上げると、その押し上げた圧力は「ウェーブクラウド」があることで、上の「U4ic」に影響させません。
 それはまるで「U4icX」で生まれた『波』が「ウェーブクラウド」という『防波堤』によって抑え、「U4ic」では『凪』の状態を作っているかのようです。

 また、柔らかい「U4icX」はUの字型や一部分に、ウェーブクラウドの間に隙間があることで、着地時の衝撃(波動)をそれぞれが連携して機能することで『べた凪』状態を演出しています。
IMGP6816

 実際に履いて走ってみると、確かにいつも感じる着地感もしくは下からの突き上げ感が少ないのがよくわかります。逆に、反発感が薄いぶん、しばらく蹴りのタイミングがわかりづらいことも付け加えておきます
IMGP6768

 そして、アウターソールには耐久性のあるラバーX10をほぼ全面に貼られています。
IMGP6772
 耐久性が高くすぐに削れることは少ないと思います。しかし、その耐久性が故に馴染むまで前足部の屈曲性が悪く、踵のフィット感が悪く感じる人もいるかもしれません。その場合は、シューレースを一番のアイレットまで通すことで足首周りのホールドが高めれば解消されるでしょう。
IMGP6770

 ウェーブライダー20のお勧めの方は、「足幅が広く、甲が高い方」「ケガなど体に負担をかけたくないけど、重すぎるのは嫌という方」「ジョグでもレースペースでも使いたい方」「フルマラソンやロング練習で後半の失速を抑えたい方」「耐久性があるシューズをお探しの方」など。
 逆に、「足幅が細く、踵が細い方」「普段から薄い底やソールの硬めのランニングシューズを好んで履く方」「オフセット5mm以下で馴染んでいる方」にはフィットしづらいかもしれません。

 履きやすく、複雑に連携させて得る優れたクッション性と軽量性、ウェーブソールによる脱ヨコぶれ、耐摩耗性のあるアウターソール等々・・。ランナーの事を考えてまじめに真剣に製品開発に取り組むミズノに頭が下がります。

 そして最後に、まじめなミズノを垣間見る部分をご紹介します。
ウェーブライダー20に限らずMIZUNOのランニングシューズは、前足部の上部裏側に生地が縫い付けられています。シューズに手を入れないと気付かないと思いますが、これは足爪でメッシュ部分に穴を開けないようにするためだそうです。
IMGP6819

欧米各社のような派手な演出(着色)や広告はないかもしれませんが、結局信頼できるのはシューズも人もマジメで実直です。

RUNARX RUNNING CO.




イベント

<3/30 グループラン11km>
今夜はたくさんの人が集まったグループラン。花見ランで確認したいルートがあったので、ちょっと長くなってしまいましたがお付き合いいただきました。おかげで新ルートができました。
それにしても、今日は暑かった~。
17634337_2120553738171132_1718479498153027651_n
17554388_2120553941504445_2716678387623245052_n

RUNARX RUNNING COMPANY

Copylight © RUNAX RUNNING COMPANY. All Rights Reserved
PAGE
TOP